面接試験での質問の内容について

転職活動の際に必ずある面接試験ですが、採用担当者への質問はどのようにすればいいのでしょうか。転職活動の最大の関門だとされているのが、面接試験ですが、あらかじめ準備をしておくことで、余裕をもって試験に臨めます。基本的には採用担当者からの質問に答えることが多いのですが、場合によってはその反対もあります。自分が質問されるだけではなく、採用担当者から質問を促されるというケースがあります。質問はありませんという回答の仕方もありですが、ここで相手の評価をぐってあげておきたいものです。こちらからの質問をする形で、相手企業に対してどのくらい能動的な態度でいるかを示すことが可能です。採用担当者にしっかりアピールすることで、転職に成功する可能性が高くなります。ポイントとしては、まず質問したい内容を面接試験に行く前に、あらかじめ用意しておく事です。いくつか用意しておいたとしても、通常の面接の受け答えで無くなってしまう事もあるので、少し多めに準備しておきましょう。質問の内容は、ハイやイイエなど簡潔に答えられるものの場合は話を広げにくいので、少し考慮する必要があります。会社で働くようになってからの、待遇についてばかり聞いていると、担当者からは給料目当てだと思われるので、聞き方も気をつけましょう。より深く質問をするために、企業が今後目指している方向性や、現在のサービス内容についての解説を調べておけば、そのこと自体が面接で有利になることがあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ