転職における履歴書の書き方と重要なポイント

転職をする時に絶対につくる履歴書は、学歴や職歴をただ書くものではないことに注意をしましょう。では、どういうことに配慮をして、履歴書を作成するといいのでしょうか。年功序列型で、定年まで勤め上げるスタイルは、日本の企業でも少なくなってきました。転職回数の少ないほうが社会人として優秀だという考え方はなりをひそめ、優秀な人ほど転職をするという考え方にもなっています。履歴書は、転職活動のスタートを円滑にするものです。最初の書類選考は履歴書を用いますので、その内容が結果に影響を与えます。ノウハウ本や転職サイトでは、履歴書の書き方だけでなく職務経歴書の書き方についての情報が掲載されているので参考にすることができます。ただし、1から10まで本の内容に沿って書類をつくると、通り一遍の内容であることが企業側にはすぐにわかってしまいます。それでは、職務経歴書や、履歴書の内容を工夫して、転職活動を成功させたいと考えた場合、意識したいこととはどのようなことでしょうか。履歴書は学歴、職歴を書くことが中心になっていますが、これまで経験してきた仕事を伝えることが大事です。採用を希望している企業が求めている資格を自分が持っていることをプレゼンテーションすることも履歴書の役目です。転職を成功させるためには、働きたい環境に対して、自分のいい点や、悪い点がどのように関わるかを、自分の言葉で言えることです。履歴書を書くときは自分について考える大事なタイミングであり、面接試験の際にも役に立つので、しっかり見つめ直すことが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ