仕事でのストレスの限界を知ることが大切

常に忙しく、プレッシャーを感じながら、高ストレス下で仕事を続けている人がいます。苦手な人と仕事をこなさなければならなかったり、指導者から常に叱責され続けたり、自分の能力ではやりきれない仕事を任されたりします。このような職場環境の中でもストレスに強い人、弱い人、また自らストレスを上手く発散することが出来る人、出来ない人がいます。避けることの出来ないストレスと上手に付き合っていくためには、自らのストレスの限界を知っておく必要があります。多大なストレスを受けきれずにいると、体の具合が悪くなったり、メンタルの病になってしまうことがあります。多くの人は、ストレスを抱えきれなくなると体調や思考に変化が現れますので、早いうちに気づけるようにしましょう。ストレスがどんどん積み重なっているのに、ひずみをそのままにしていると、いずれはため込めなくなって、ひずみが爆発してしまいかねません。その上、ストレスのせいで身体トラブルが起きたとしても、ストレスのせいだと気づけないこともあり、そうなるとストレス源対策もできず、休むことしかできない場合もあります。めまいやしびれ、微熱が続く、吐き気、倦怠感や疲労感がとれない等、様々な症状が心身からSOSが出ても、疲れが溜まっているのだろうかと放置しがちです。自らのストレスの限界とパターンを良く知っておくことがとても大事であり、どんな状況下にあっても無理をしすぎてはいけません。どんなに仕事や家庭のことを頑張りたくても、資本となる心と体の状態が万全でなければ、やりたいことができなくなってしまいます。ぎりぎりまで我慢して、最後の最後に破裂するようなストレスの貯め方をしていると、自分にも回りにもよくありません。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ