転職活動時における面接試験の辞退について

幾つかの企業に対し並行して転職活動をしていると、採用試験の期日が一緒になってしまうことがあります。面接の予定が入っている段階で、別な企業への採用が決定してしまい、転職活動が終了するということもあります。もしも採用が決まった企業が本命であった場合には、それ以外の企業との面接を辞退する必要が出できます。既に次の面接の期日が決定している時に、辞退の連絡をしなければいけない時は、どうすれば失礼にならないでしょう。採用が決まったために、今受けている面接を辞退したい時は、速やかに連絡をしまょう。連絡を先延ばしにして、ぎりぎりまで何も言わないという態度はよくありません。前日や当日のキャンセルは問題です。行く必要がなくなったからと、無言で欠席するという態度の人もいますが、相手に迷惑をかけるばかりですので要注意です。応募を辞退すると決めたら、早めに先方に連絡をすることが、重要になってきます。面接試験の辞退の連絡に関しては、メールもしくは電話のいずれでも可能だとは言われていますが、メールで連絡をした場合は、その後に電話でフォローの連絡を入れておくとより丁寧な対応になります。転職先の会社が、業種が同じだったり、いつか何らかのつながりができてくるだろうと思っているなら、丁寧な態度で接することは意味があることです。なぜ面接を辞退するのか、電話口の場合は聞れる可能性もありますが、ありのままを話しても問題にはなりません。と事実をそのまま話してしまっても、本人に落ち度はありませんので、聞かれたままに回答するようにしましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ