転職活動での面接で心掛けるべきマナー

採用試験では面接が必ずありますので、転職のためにはとても重要です。面接の場では、必ず守りたいマナーいがいくつかあります。自然なしゃべり方を心がけることもその一つです。面接の場では、どのような質問をされるのかを事前に予想しておいて、質問の答えを用意しておくことが攻略のコツです。人によっては、ノープランで採用面接の場に臨む人もいますが、それで突破できる人はごく一握りに限られています。面接では、相手との会話を成立させなければいけませんので、読み上げるような調子で話すことはいい効果がありません。基本は会話の流れを受けて話ができるようにすることや、ビジネスマナーを守り、相手に向けて話すという前提を守ることです。相手から聞かれたことに対して、適切な回答を心がけることが、面接を成功させるための基本となっています。自己アピールに力を入れすぎて、聞かれていないことまで延々と話し続けては、ネガティブな印象を与えます。一回の質問に対しては、30秒から1分程度の回答になるように心がけて、話す内容を調整することです。相手に強い印象を持ってもらうためには、必要に応じて具体的な例を示し、説得力のある話し方をすることが大事です。質問に対する答え方によっては、より深く掘り下げた質問がされることがあります。答えられる範囲で答え、いいかげんな答え方はしないようにすることも大事です。緊張でがちがちになりながら面接を受けるのではなく、採用担当者と談笑できるくらいの話し方ができれば、いい印象を得てもらえるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ