スカウトや紹介による転職について

最近は、他社からスカウトされたために、転職を決めたという人も、意外と多いようです。一般的に、スカウトといえば別の会社から誘いを受けて、今の会社を辞めて転職をすることです。管理職を必要としている企業が他社の管理職についている人を引き抜いたり、外回りの営業職がスカウトされたりします。商談をしていくうちに力量を相手先が認めるようになり、ぜひ自分の会社に欲しい人材だと評価されて、スカウトに至るケースがあります。スカウトしてくる側は、現在、仕事をしている企業でどういう待遇を受けているかを把握した上で、よりいい条件を持ちかけてきます。先方が、転職したくなるような条件を出してスカウトをしてくるなら、話に乗ったほうがお得なことも多いようです。この他に、転職の話が持ち上がる契機として、友人や、親しい同僚が起業する時に、一緒に働かないかと言われたりします。相手によってはノーと言いづらいと感じてしまうこともありますが、自分の責任で判断が下せるように、熟慮の末に決めるようにしましょう。知人からの紹介による転職の場合、実力を見込まれたというよりも、頭数を揃えたいという理由で呼ばれることもあるでしょう。誰でも良いという点がスカウトとは異なるので、たとえ待遇が良かったとしても、慎重に判断するべきです。スカウトがきっかけで転職をする場合でも、転職後に後悔することがないように、事前に下調べをしておきましょう。仮に、転職のきっかけが周囲からの声かけだったとしても、転職することを決めるのは自分ですから、じっくり考えることが重要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ